改修工事の適正時期と工事内容

改修工事の適正時期と工事内容 

外壁改修工事10〜15年 シーリング工事10〜15年 屋上防水工事10〜15年 バルコニー及び開放廊下改修工事10〜15年

外壁改修工事(10〜15年周期)

外壁改修 施工写真10〜15年に一度、定期的に行う重要な工事です。足場を設置し外壁の補修および、塗装塗替工事を行います。資産価値を高め、建物の機能維持、美観向上を目的として行われます。

シーリング工事(10〜15年周期)

建物の水密・気密を保持するため、シーリングという不定形材料をサッシ等開口部回り、目地部、コンクリート打継部等に充てんする工事です。足場仮設を必要とするため大規模改修工事と同時期に行うことが一般的です。

屋上防水工事(10〜15年周期)

屋上防水 施工写真防水工事には主に塗膜防水やアスファルト防水、シート防水といった種類があり、既存の防水層の状況などによってより良い改修方法を選定します。

バルコニー及び開放廊下改修工事(10〜15年周期)

バルコニー・開放廊下 施工写真防滑性シートや塗膜防水が施工されているケースなどが多くみられます。 日常、頻繁に利用される場所のため、工期を短縮できる工法などニーズに合った改修方法が選定されます。